獣医師
2021年入社

自分の成長に繋がる環境が決め手

安藤達彦先生 小さい頃から動物たちが身近な存在である環境で育ちました。そんな環境の中で自然と動物が好きになり、自分の好きなことが活かせる獣医師を目指し、幸運ながら獣医師として働くことが出来ています。獣医師として働くにつれて、動物たちとそのご家族との絆を感じることができ、より一層動物の大切さを実感し、さらに動物が好きになり、その絆を守っていける存在になりたいと思っています。

 中郷どうぶつ病院は、動物のホームドクターとして最前線で一次診療がしっかりとできる、そして現段階では中規模の動物病院です。
当院は複数の獣医師や動物看護師、トリマーがチームとして動いていて、それぞれの役割の人数バランスが良く、自分がやりたいと思うことにも積極的にチャレンジできます。特に外科は他院と比べて、積極的に執刀させてもらえます(もちろん外科が嫌いな方に無理強いはしません)。また、中規模の動物病院を選ぶメリットは個人経営の動物病院と大規模な動物病院のいいところをバランスよく取り入れれているところだと思います。個人経営の動物病院だと、どうしても症例数が少なくなり勉強できることも限られる?逆にあまりに大きすぎると形式的に分業が進んで、決められた診察しかできない環境になるのではないか?などと考えている獣医師が今まで中郷どうぶつ病院を選んでくれていました。
 つまり中郷どうぶつ病院はホームドクターとして直接患者さんと接し、かつ最新の臨床にも参加していけるちょうどいい規模の動物病院です。獣医師として外科、内科共にいろんな経験を積めることで、自分の早い成長に繋がります。

One Day Flow

ある1日の流れを日記風にご紹介します。

  • 08:50
    出勤
  • 09:00~12:00
    午前診療(来院動物の診察)
  • 12:00~13:00
    休憩
  • 13:00~13:30
    カンファレンス(申し送り事項の伝達・確認)
  • 13:30~15:30
    手術
  • 15:30~16:00
    休憩
  • 16:00~19:30
    午後診療(来院動物の診察)
  • 20:30
    帰宅
鉛筆
  • 幸助先生仕事風景1
  • 幸助先生仕事風景2