獣医師
2014年入社

自分の成長に繋がる環境が決め手

安藤達彦先生  子供の時から広島の実家で柴犬を飼っていました。それが動物を好きになったきっかけです。その柴犬はちょっと変わっていて、病院に行くことが大嫌い。病気になっても病院に行くことが出来ませんでした。そんな柴犬の辛そうな姿を見て、僕が自分自身で診てあげられたらいいのにと思い、そこから獣医師になろうと思いました。
 中郷どうぶつ病院を選んだ理由ですが、まずは第一に最前線である動物のホームドクターとして、一次診療が出来る動物病院を探していました。そこでポイントとなったのが、病院の規模。例えば、個人経営の病院だと、どうしても患者さんは少なめになり勉強できることも限られます。逆に、あまりに大きすぎると分業が進んで、決められた診察しかできない環境になるのではないかと考えました。当院は、僕がやりたいこと、つまりホームドクターとして直接患者さん(動物)を診察し、かつ最新の臨床もできるという規模がちょうどいいと感じました。
 実際に勤務してみると、当院は複数の獣医師や動物看護師、トリマーがチームで動いていて、それぞれの役割の人数バランスが良く、自分がやりたいと思うことにも積極的にチャレンジできます。獣医師としていろんな経験を積ませてもらえることで、自分の早い成長にも繋がります。今は毎日が勉強中の身ですが、将来は実家のある広島で開業ぐらいできるまで成長できればと思っています。

VIDEO

インタビューの様子をムービーでご紹介。

One Day Flow

ある1日の流れを日記風にご紹介します。

  • 08:50
    出勤
  • 09:00~12:00
    午前診療(来院動物の診察)
  • 12:00~13:00
    休憩
  • 13:00~13:30
    カンファレンス(申し送り事項の伝達・確認)
  • 13:30~15:30
    手術
  • 15:30~16:00
    休憩
  • 16:00~19:30
    午後診療(来院動物の診察)
  • 20:30
    帰宅
鉛筆
  • 安藤達彦先生仕事風景1
  • 安藤達彦先生仕事風景2
  • 安藤達彦先生仕事風景3
  • 安藤達彦先生仕事風景4