獣医師
2016年入社

飼い主さん、患者さんとの距離が近く広い分野の医療ができる1.5次診療の病院

河合美帆先生  小さい頃、実家ではチワワとインコを飼っていました。また、家族で牧場や動物園によく行って、動物と触れあう機会が多くありました。そんな環境の中で自然と動物が好きになり、自分の好きなことが活かせる獣医師になりたいと考えていたんです。
 中郷どうぶつ病院を選んだきっかけは、まずは最前線の治療が出来る環境であったこと。それに地域の飼い主の方との距離が非常に近く「今日は先生にふ会いに来ました」などと言って採れたての野菜を持って来院される飼い主さんもいらっしゃるくらいです。病院が一つのチームで動いているという感覚で、全員が一体となって動いているイメージがあり、実際入社後もそれはとても強く感じます。
 また、1.5次診療といってホームドクターとしての機能に加えて、リハビリなどの新しい治療にも取り組んでいたり、臨床で色々なことに取り組んでいるのも決め手になりました。
今はまだまだ分からないことも多く、一つ一つが勉強で、分からない症例や自分の現在のレベルを超えている症例に当たることがあります。そんなときも、追いつき追い越す事を目標に頑張れますし、周囲のスタッフや環境もサポートしてくれます。
 将来は、そもそ病気になる前の予防についてもっと勉強していきたいです。
予防というと、まず皆さんが思い浮かぶのは、健康診断でしょうか。当院では血液検査、尿検査、検便、心電図、レントゲン、エコーをはじめ様々な最新機器を使った検査が可能です。こうした検査を通して、病気の早期発見、早期治療をしてあげることが一つ。さらに私は、そもそも人間と暮らす動物が、病気になりにくい環境、生活スタイルや食習慣とは、一体どんなものかという事を学んで行きたいです。というのも、少しでも病気や怪我で苦しむ動物を減らしていきたいのです。

元来、動物病院では人間の病院と違い、一つの病院でどんな病気も診ていました。ところが昨今、獣医療が進歩し、より高度な治療が求められるようになると、一つの病院で全ての病気に満足のいく治療を受けることが難しくなってきました。そこで動物病院も、地域で全般的な診療を行うホームドクター(一次診療)と、より高度な治療を行う専門病院(二次診療)へと二分化しつつあります。 当院では、これまで培ってきた知識と技術により、整形外科と歯科の分野において、専門的な診療を行っています。一方では、地域の皆様のホームドクターとして、納得のいく説明と、皆様の希望に沿った治療内容を心掛け、また、専門病院・救急病院との連携を図っております。
すなわち、一次と二次を兼ね備えた”1.5次診療施設”として、今後も医療レベルの向上に努力するとともに、皆様の信頼に応えられる病院を目指してまいります。

VIDEO

インタビューの様子をムービーでご紹介。

One Day Flow

ある1日の流れを日記風にご紹介します。

  • 08:00
    出勤
  • 08:00~09:00
    入院動物の診察
  • 09:00~12:30
    午前診療(来院動物の診察)
  • 12:30~13:30
    休憩
  • 13:30~14:00
    カンファレンス(申し送り事項の伝達・確認)
  • 14:00~15:00
    手術
  • 15:00~16:00
    休憩
  • 16:00~19:00
    午後診療(来院動物の診察)
  • 19:30
    帰宅
鉛筆
  • 河合美帆先生仕事風景1
  • 河合美帆先生仕事風景2
  • 河合美帆先生仕事風景3
  • 河合美帆先生仕事風景4